北海道技術者育成プラットフォーム

入会するには?プラットフォーム概要

Outlineプラットフォームのご案内

1.趣旨(目的)

人口減少により建設業就業者の高齢化と若手技術者が不足し、年齢構成の偏りや人手不足が深刻化している。

激甚化する災害への対応やインフラマネジメントを担う技術者の育成が急務となっている。

このため、産学官が連携し、各関係組織が有するノウハウを活かして強靱で持続可能な国土形成に必要不可欠な技術者の育成を目的に「北海道技術者育成プラットフォーム」を設立する。

2.活動内容

  • 技術者の育成に関する調査・研究
  • 技術者の育成に関する教材の企画及び開発
  • 技術者の育成に関する研修及び講習会等の実施
  • 会員が実施する研修及び講習の支援並びに情報共有 等

3.育成対象の技術者

  • 若手技術者
  • 小規模自治体技術者
  • 土木工学を専攻していない入職者 等

4.組織・運営体制

  • 総 会:全会員(年1回開催)
  • 役員会:会長、副会長、事務局で構成
  • 事務局:北海道開発局、寒地土木研究所、北海道、北海道建設業協会、北海道建設技術センター、北海道道路管理技術センター

5.役員

  • 会 長:北海道大学 名誉教授 三上 隆
  • 副会長:北海道大学大学院 工学研究院教授 蟹江 俊仁
  •     (一社)北海道建設業協会 副会長 栗田 悟

6.今後の予定

平成31年3月20日設立総会
シンポジウム開催(検討中)

7.その他

会員:設立趣旨、目的に賛同し入会登録を行った団体または個人